日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

そのだつくしの落書き語り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/25793864/17655

岩手県にずったり住んでおります、漫画家「そのだつくし」です。

よく考えたらプロの漫画家初めて20年以上だけど、「絵描き」としてはもっともっと遡って40年以上のキャリアなわけだ(笑)。その落書きたちはいわば「素」。だからあえて堅苦しく清書なんかせず「写メ」スタイルで、屁理屈くっつけて載っけてみようと思います。

私は常に落書きばっかりしてきたやつなんです。学生になろうが、バンドしようが、馬に乗ろうが、結婚しようが子供生もうが、「仕事」以外でも絵を描いてきた。絵のおかげでいいことも悪いことも見えたし学んだし、友達出来たし嫌われたし…など。だからこんなタイトルで。

仕事未満、SNS以上です。

さてさて、まずは出始めなので「どん」

これは仕事の合間に本気で描いた落書きです。
ここまで描いちゃうと個展ができるようになりました。
なのでもう仕事のカテゴリーだからここではボツwww

で次「どん」!

メッセージ性のあるようなないような「つくを」で締めたくなるレベルのもの。
まだまだ真面目です。
でも結構自分に言い聞かせてる「潜在意識」は、皆さんの知ってる外ヅラのそのだとは全く別人みたいです。あとからジワる系。
でもほんと、ほんとの敵って自分なんすわ。ボスキャラは自分です。
響く人っているだろうか?まあいいか

 

で次行ってみましょう「どん」

wwwwああもうこれは、一言系ですねwwww
たしかねー以前、SNSで真剣な記事かいたのに、コメがあまりにも記事と関係ないものばかりでね。
カッチ―ン!ときたみたいで、この絵描くことでワンクッション置けたてきな?結果ブロックしました。
絵の表現としてね、地雷とかはよくないですね。私は戦争反対ですが、心には地雷仕掛けてます。
傷つきたくないので。皆さんもあるでしょ。

ここまでは許せない、ここから中には入らないでという表現です。
「出直してこい」って優しさです。

とまあしょっぱなはこんな感じです。

 

普段コピー用紙に書いては捨て、本やチラシの片隅に描いては忘れたり。SNSに載せてもいましたが、なんかもったいなくてね(笑)

コラム始めます!

 

最後に「どーん」

手探り状態でスタートしますが、どうぞよろしくお願いします。

ああ、はけ口ができた…感謝(by 潜在意識)

 この記事を書いた「マイみちスト」
岩手在住の漫画家です。岩手から全国、全世界に漫画を発信しています。地元新聞「岩手日報」で四コマ漫画。webで岩手ネタのエッセイ「ずったり岩手」を週刊連載。ほかもろもろ描いてます。バイク、バンド、パッチワーク、流鏑馬が趣味です。最近はマラソンも。だんだん何屋かよくわからんです。
この「マイみちスト」の作品

イワさんとニッポちゃん (1)

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (4)
  1. 木バケ さん

    連載おめでとうございます!
    これからの展開を楽しみにしてます!

  2. hayachine さん

    姉さんワールドのアリ地獄にはまってしまいそうです^_^;楽しみが増えました。

  3. 純子 さん

    出直して来いのつくしさんの顔、大好きです。この顔のTシャツほしいくらいです。笑
    つくを節楽しみにしてます!

  4. あめのひずめのもく さん

    初めまして!あの~これ、通じるかどうかわかりませんが、チョウセンしてみます。「コメがあまりにも記事と関係ないものだった」というのは、もしかしたら理解できなかったからでは?
    私は実は、最近、カゾクの中でコリツしてしまい、でもそのせいで、ここ十三年の間に亡くなってしまった父と母と妹のコドクに気がついたところなんです。
    「自分がよかれと思っていた自分を敵にする」って、今まさにうちでは、ワタシと主人と娘のあいだで起きていることです。
    つまり、ワタシも毎日タタカッています!がんばりましょう!

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

素のじぶんと漫画家の自分

そのだ節

はいこんにちは!そのだです。 最初に言いますが今回はプレゼントがあります! 後半(有料ゾーンですいません)をご覧ください…

そのだつくし

絶景・川ドライブの休憩スポット「cawa cafe(カワ・カフェ)」宮城県・丸森町【第3回】

ここでカフェを営む理由

福島から宮城、239kmにもわたって滔々と流れる阿武隈川(あぶくまがわ)。 豊かな自然に包まれた大らかな流れが見る人の心…

鶴岡彩

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(後編)

東北の忘れられないトンネルたち

  【前編のあらすじ】 岩手県北部、九戸村と軽米町が接する辺りに、存在をすっかり忘れ去られたようなトンネルがあ…

平沼義之(ヨッキれん)

路地裏酒場散歩

第2話「津軽の女はお酒が強いが、美味しい魚とそれに合う酒を知り尽くしているお男には弱い?」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 津軽の女はお酒が強いとよく言われますが、毎日晩酌をしたり、仕…

新橋

盛岡のディープゾーン「桜山」に現れる マニアックな〝アレ〟とは?【前編】

あの人に会いたい【桜山編】

いまや盛岡の風物詩 マニア受けの「あるもの」  岩手県庁の目の前に建つ鳥居をくぐった先にある桜山界隈。間口が狭い飲食店が…

みやけまゆみ

あなたにおすすめの記事
東北のイベント