日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

東北地方は6県のはずなのに、なぜか関東地方では「東北は茨城県も入れて7県でしょ?」と言われることが。 山形県から見た茨城県&関東、茨城県から見た山形県&東北について、時には大きく脱線しながらノリツッコミ満載でお送りいたします。

枝豆のお味噌汁【連載第70回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/10238659/30232

先日、母が実家の畑でとれた枝豆を送ってくれました。

そのまま食べる他、いろんな食べ方があると思いますが

 

 

いつもは帰省後の8月末~9月頭に送ってもらいますが、たまたまある年の帰省中に枝豆の収獲期に間に合い、とれたてもぎたての枝豆をいただくことができました。

その時、母が作ってくれたのが枝豆のお味噌汁です。

「そういえば、茨城では食べたことない…というか、見たことも聞いたこともないや」

と思い、母に訊いてみると枝豆の味噌汁は庄内の郷土料理とのこと。

なるほど、どおりで。

 

出汁も具も枝豆しか使っていないのに、不思議とカニのような風味も感じられてとてもおいしいです。

調べてみると、どうやらこれは枝豆とカニに共通して含まれる旨味成分・グルタミン酸と甘味成分・アラニンの影響とのこと。

まさに

 

 

 

「あの素晴らしい風味をもう一度!」と思い、帰省を終えて茨城の自宅に帰ってから枝豆のお味噌汁を作ってみたのですが、

 

 

なので、母にちゃんとしたレシピを訊いてみましたところ。

 

 

実家からいただく枝豆は、ほとんどが茹で上がった状態なので(いつももっけです!)、

どうしてもカニ風味の枝豆のお味噌汁を味わいたくなったら、その時はスーパーや通販などで生の枝豆を買おうと思います。

 

でも、その前に。

 

 この記事を書いた「マイみちスト」
(いとうみほ)
山形県出身、茨城県在住の主婦兼漫画家兼ライターです。夫と娘(小学生)と共に、日々是適当・ときどきいっぱいいっぱいで暮らしております。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (6)
  1. アバター 周利庵 さん

    枝豆のお味噌汁にそんな味がするなんて、
    枝豆マジックというより、ほとんど
    召喚魔法です。
    いでよ! カニ風味‼️

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      確カニ!
      マジックじゃなくて召喚魔法に近いかもしれません(*´▽`*)

  2. アバター mumhouse さん

    枝豆のさやも食べるんですか?それとも中の豆だけ?

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      莢は食べずに、中の豆を取り出していただきました^^

  3. アバター みむら姐 さん

    たまに作りますよ。
    まぁ宮城育ちなんでずんだ作る事が多いけれど
    枝豆の味噌汁や枝豆ご飯も作ります。
    本当に蟹で出汁取ったような味しますよね。
    夏の味覚ですね。

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      ね、不思議でおいしい夏の味覚ですよね(*´▽`*)
      ずんだも枝豆ご飯も大好きです!!
      全部おいしい!最高!!

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

第16話 「弘前バル街・レポート〜弘前バル街を楽しもう♪〜」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 気づけば季節は秋…!夏も過ぎやっと!薄着から体のラインを隠せ…

新橋

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第18回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

ヨメトメ!

【7 家事はいつから嫁の務め?】

ヨメトメ!

「ありがたきもの、姑に思はるる嫁の君」と平安時代の随筆・枕草子にもあるように、今も昔も嫁姑問題は古くて新しい、そして遠く…

伊藤海歩

茂浦鉄道 【机上調査編 第10回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き Part.2

【机上調査編 第2回】より、前述の「日本の廃道」では未公開の、完全新規の執筆内容となります。   幻の大陸連絡…

平沼義之(ヨッキれん)

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(前編)

東北の忘れられないトンネルたち

東北最古級のコンクリート道路トンネルを新発見! 今から10年前。こいつを見つけたときは夕暮れの山中にありったけの歓喜を叫…

平沼義之(ヨッキれん)

あなたにおすすめの記事
東北のイベント