日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

東北地方は6県のはずなのに、なぜか関東地方では「東北は茨城県も入れて7県でしょ?」と言われることが。 山形県から見た茨城県&関東、茨城県から見た山形県&東北について、時には大きく脱線しながらノリツッコミ満載でお送りいたします。

粥ずし&七草粥【連載第54回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/10238659/28543

2019年、そして令和2年となって早十日。

昨年はまことにお世話になり、ありがとうございました。どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます(年末、身内に不幸がございましたのでこれにて新年のご挨拶とさせていただきます)。

 

お正月、皆様はどんなお料理をお召し上がりになったでしょうか。

お雑煮・おせち・お餅が三大正月料理かな?と思いますが、この3つだけでもたくさん種類がありますね。

日本全国でどれくらい種類があるのか…きちんと調べたことはありませんが、厳密に数えたら軽く3桁はいきそうな予感。

 

【参考記事】

 酒田のお雑煮、茨城のお雑煮【連載第30回】 

 お餅、どうやって食べる?【連載第31回】  

 

上記の三大正月料理の他にも、お正月限定の料理は少なくないような気がいたします。

数年前のとある年末だったかな、たまたまテレビをつけっぱなしにしていた時のことです。

テレビ局や番組名は忘れてしまいましたが、確か日本の様々なお米料理を紹介する内容でした。

 

 

粥ずしは山形県酒田市のごく一部に伝わる郷土料理で、ご飯を糀(お酒の場合も)で発酵させたいわゆる”馴れ寿司”。

野菜など他の材料も入れるので、もう少し正確にいうと“飯寿司(いずし)”でしょうか。

出来上がりはドロドロの粥状になり、ご飯ものというよりも酒肴に近いとのこと。

 

 

酒田に住んでいた頃は見たことも聞いたことも、もちろん食べたこともありませんでした。

なので私は、粥ずしを茨城で初めて知ったわけですが。

テレビの中では、かなりうろ覚えではありますけれども

 

 

私は「東北七県目のヨメ」で酒田・庄内・山形県・東北地方の料理について書く際、いつも母に電話やメールで詳しくレシピや由来、こぼれ話などを訊いております。

が。今回の粥ずしについては、初めて母から何も聞けませんでした。

それもそのはず、

 

 

記事を書くに当たって粥ずしのレシピも調べようとしましたが、検索ヒット数自体が少なくて詳しいレシピまでは辿り着けませんでした。

…よく考えたら私は下戸だし、今は茨城住まいだし、今も昔もスーパー庶民なので粥ずしを口にする機会は一生ないかと思います。

何より粥ずしは、

 

 

 

【おまけ】

私の実家だけかもしれませんが、酒田に住んでいた時は七草粥を食べたことがなく、茨城に来て初めて食べました。

夫の実家では七草の他にほぐした焼き鮭と細かく切ったお餅も入れていて、わが家も倣ってほぼそうしております。

本来は全っ然すっぱくなんてカケラもない、とてもおいしいお味の七草粥です。

 この記事を書いた「マイみちスト」
(いとうみほ)
山形県出身、茨城県在住の主婦兼漫画家兼ライターです。夫と娘(小学生)と共に、日々是適当・ときどきいっぱいいっぱいで暮らしております。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (5)
  1. アバター まーや さん

    こちらこそ昨年はお世話になりました!今年もどうぞよろしくお願い致します。
    そういう我が家も、昨年身内の不幸が続きました・・・・・4人。さて!
    粥ずし?!初めて聞きましたね~。酒田でも一部の地域だけなんですね!
    七草粥にお餅入れて食べるのは我が家でもやります^^義父から教わりました。
    そういえば私の母の実家や、叔母の地域ではあけびの肉詰めを食べるそうです。
    分かりやすく言うと、あけびの中のタネを捨ててその中にひき肉を入れて油で揚げるとか!
    これって村山地方だけなのか?って思うことがあります。

  2. アバター 周利庵 さん

    すっぱい七草粥?
    それ、たぶん天然の粥ずしです。

  3. アバター よねこ さん

    粥ずし!初耳の食べものです。私は生まれも育ちも秋田ですが秋田市内のため特別名物もないです。体調の波がありなかなか遠出はできませんが これからもおでかけ・みちこで食べたい思いを馳せてゆきます

  4. アバター のの さん

    粥ずしがご飯に糀を使って発酵させたものと知り、甘酒と似てるのかなと思いました。うちは九州なので夏バテ防止に甘酒を飲んでましたが(カロリーだけでなくビタミンB群もあるとか)、粥ずしも消化がよく野菜不足も補えるから雪深い地域の知恵だろうかと思いましたがどうでしょうね。
    秋田の友人も七草粥の習慣がないそうです。「あんなものは雪が積もらないところの物で、自分たちが七草を採りに行ったら遭難する」と言ってました。雛祭りを月後れでやるように日本って南北に長いなあと感じることの一つでした。

  5. アバター なえ さん

    東北人からしたら、茨城が七件目の東北と思われているなんて、仲間が増えたみたいで嬉しいです。
    これからも楽しみにしています。

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
あなたにおすすめの記事
東北のイベント

現在表示できるイベントがありません