日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

東北地方は6県のはずなのに、なぜか関東地方では「東北は茨城県も入れて7県でしょ?」と言われることが。 山形県から見た茨城県&関東、茨城県から見た山形県&東北について、時には大きく脱線しながらノリツッコミ満載でお送りいたします。

おやき?あじまん?大判焼き?【連載第27回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/10238659/24405

 

先日、実家の母と電話したところ「白いあの方々が例年どおりたいそうお元気でございますわ~おほほほほ~」と申しておりました。…ああ、相変わらずグエーグエーと朝から晩までやかましいってことですね…。

そして「こないだ初雪が降ったよ」とも。白くて寒い季節が本格的に到来…ということは。

 

 

あじまんとは、いわゆる「おやき」「大判焼き」「今川焼き」のことです。山形県内では「あじまん」と呼ぶ方が少なくないかと思います。山形県民にとっては 玉こん と対を成す冬の風物詩、VS冬将軍の双璧かな。

その名もズバリ「株式会社あじまん」という天童市の企業が昭和40年から販売開始、昭和55年からチェーン展開されている商品です。今や山形県内のみならず東北6県、新潟県、関東地方、九州地方にも店舗が拡大。ここ茨城県でも約20店舗が営業中です。

定番はあんこ(一応つぶあん?)とカスタードクリームの2種類で、チョコバナナ味やもっちりごま味、抹茶味などの限定商品も。11月から4月まで販売される、まさに冬の王道おやつの一つです。

 

そういえば新婚時代に外出先でたまたま見つけて嬉しくなり、留守番をしていた夫へのお土産に買ったのですが。

 

 

 

 

ということがありました。茨城の場合、「甘太郎」「どてきん」などの呼び名もあるようです。

江戸中期に生まれたとされるこの焼き菓子、地域によって呼び名がもっとすごく異なるんじゃないだろうか。そう思って今回ざっくり調べてみたところ、以下のようになりました。

 

 

他の地方もざっと見てみると「回転焼き」(北海道・近畿・九州)、「二重焼き」(広島県)、「御座候」(兵庫県)などなど。ここに書ききれないほどたくさんの名前がありました。

「ホームラン焼き」(北海道・静岡県)、「ヒット焼き」(愛媛県)のように野球を連想させるものもあって面白かったです。

全国的に一番広く使われているのは「大判焼き」かな?

 

 

現代の通貨価値で換算すると大判が約75万円、小判が5~10万円くらいらしいです(※時代により相場の変動が激しかったとのこと)。そりゃ「大判焼き」になるわけだ、小判の何倍もでっかくて高額だもの。

 

 

…俗まみれでごめん。ホラお母さんさ、とっくの昔に汚れっちまった悲しい大人だから…。

 

そういえば、今年はまだあじまん食べてないや。この辺の近いホームセンターにも、毎年冬になるとあじまんのお店が出てるなあ。今度買い物に行ったら、娘の分も買ってこようと思います。もちろんあんことカスタードクリームの両方を。もし期間限定品があったらそれも。

そしてホッカホカのアッツアツを一緒に食べてあったまろうっと。子供の頃、祖父が私によくそうしてくれたように。

 

 

ただし、保存場所はいろんな臭いがこもったこたつじゃない所にしようと思います…。

 この記事を書いた「マイみちスト」
(いとうみほ)
山形県出身、茨城県在住の主婦兼漫画家兼ライターです。夫と娘(小学生)と共に、日々是適当・ときどきいっぱいいっぱいで暮らしております。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (27)
  1. アバター はちみつじゃむ さん

    北海道東の方です、こっちは「おやき」と言いますねぇ。
    鯛の形なら「たいたき」。
    いつも山形には驚かされ、かつ楽しみでいます。

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      北海道東では「おやき」、鯛の形は「たいたき」なのですね。
      何だか可愛らしい響きで素敵ですね(*´▽`*)お教え下さりありがとうございます!
      これからも楽しんでいただけますよう、努めてまいります^^

  2. アバター おちゃこ さん

    いつも楽しく読ませてもらってます(*´▽`*)
    あの「あじまん」のお店って山形発祥だったんですね!
    オフシーズンは「あじまんの巣」があって、そこにいっぱいプレハブが並んでるらしいです(笑)

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      いつも楽しくお読み下さっているとのこと、ありがとうございます!
      はい、山形県天童市が発祥の地だそうです。私もびっくりしました(笑)
      あじまんの巣!!一度お目にかかりたいです^^

  3. アバター まーや さん

    大判焼きは山形では、あじまんっていうんですね!一応山形生まれなのに知らなかったです~
    おやきっていうところもあるのか~(゚Д゚;)私の中では、おやきは野沢菜漬けを入れたり
    茄子とかきんぴらも味付けて入れたものという概念でした!あんこ入りのおやきもあったわ!
    久しぶりに食べたくなりました~( *´艸`)

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      返信が遅れて申し訳ありません。
      山形も広いので、いろんな呼び名があるような気がします。
      あ、そうだった!「おやき」はそのイメージも強いですよね。
      しょっぱいのは野沢菜か茄子、甘いのはリンゴのが好きです^^

  4. アバター ポポンタ さん

    鳥取県米子では子どもの頃、「たいこまんじゅう」と言ってました。出るかな出るかなと思ったのに、がっくり(笑)
    毎日、ガハハ~(^◇^)と笑いながら読んでます。ありがとう!

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      返信が遅れて申し訳ありません。
      鳥取県の米子では「たいこまんじゅう」と呼ぶのですね。ご紹介できず申し訳ありません。
      お教え下さりありがとうございます!
      そして、いつも笑ってお楽しみ下さっているとのこと、とても嬉しく思います。
      ありがとうございます(*´▽`*)

  5. アバター さん

    あじまんいいですのぉ…
    あの薄皮にたっぷりのあんこ、クリーム、チョコレート…じゅるり…
    氷点下のドイツに必要なのはダウンではなくあじまんのような気すらしてくるから不思議です。
    そういえば好き嫌いの少ない私の母があじまんのつぶあんだけは苦手で、クリームを選んでいたのが懐かしいです。チョコレートも滅多に食べない母は今年もクリーム一択のはず!
    寒さとあじまんのないドイツで今日も頑張ります!

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      返信が遅れて申し訳ありません。
      氷点下だとおいしさが一段とアップしそうですね^^
      クリーム、私も大好きです!
      ドイツは焼き菓子がおいしそうなイメージがありますが、あじまんてきなのはなかったのですね。
      12月だからか、なんとなくシュトーレンを思い出しました^^

  6. アバター ゆき さん

    金塊の名前と形を持つお菓子をお求めならなんと言ってもフィナンシェです。さらにクリームかあんこ入りなら完璧でしたね☆(そんな贅沢フィナンシェもあればいいのになぁ)

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      返信が遅れて申し訳ありません。
      フィナンシェ!!
      大好きな焼き菓子なのになぜか度忘れしてしまっていました…不覚!
      クリームなどが入っているものはまだ見かけたことがありませんが、いつか出てきてほしいです^^

  7. アバター 黒柴さくら(エンジェルだやん) さん

    祖母がいた伯父の家の最寄り駅に「黄金焼き」ってところがありまして、小判みたいに小さくてかわいいのです。
    https://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140601/14040685/
    どこかで小判焼きも食べたことがあると思うけど、どこだか思い出せない

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      返信が遅れて申し訳ありません。
      黄金焼き!それは知りませんでした。詳しくお教え下さりありがとうございます(*´▽`*)
      小判焼きも実在したのですね。○○焼きの世界は、思った以上に広くて深いなあ…。

  8. アバター G兄(まだ居ます) さん

    こたつで温められていたのはもっぱら「肉まん」でしたねぇ。懐かしいなぁ!どうしても何かイヤで親に懇願したら、ご飯が入っている炊飯器で温められていて、ご飯がびっしりこびりついた肉まんを食べていました。なつかしす。
    ところで私のあじまんはお焼きではなく「たこ焼き」目的です。タコが大きいのでオススメ!

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      返信が遅れて申し訳ありません。
      あ、そういえば肉まんあんまんもコタツで温められていました^^;
      炊飯器もあった…(;´∀`)
      あじまんのお店でのたこ焼きはまだ食べたことがありません。
      見かけたらぜひ試してみたいと思います^^

  9. アバター ドミニオン さん

    道東でもおやきですが一部の地域では甘太郎と言うお店が有名で『甘太郎焼き』と呼んでいますね。

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      返信が遅れて申し訳ありません。
      道東でも「おやき」という呼び名なのですね…と思ったら「甘太郎焼き」もあったとは!
      いろいろあって面白いですね。しかもおいしい(*´▽`*)

  10. アバター まささん さん

    まささん北海道の札幌市てすが、おやきって言いますよ
    (。^。^。)

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      手違いで返信が下の方へ行ってしまい、失礼いたしました。
      コメントありがとうございます!
      おやき、おいしいですよね^^

  11. アバター ゆかりママ さん

    私は兵庫県なので 御座候ござそうろうです(^^)
    出来立てって凄く美味しいですよね♪
    御座候はつぶあんと白あんの2種類ありますよ(^ ^)

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      おおっ、「御座候」!響きが凛としていて素敵だと思います。
      詳しくお教え下さりありがとうございます!
      出来たて、最高ですよね^^

  12. 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

    札幌では「おやき」と言うのですね。
    お教え下さりありがとうございます^^

  13. アバター ポン吉 さん

    楽しく読ませて頂いています
    兵庫県神戸市兵庫区に人工衛星って名前のどら焼き風のがありますよ
    味は粒餡と白餡の2種類です
    個人経営のお店なんでメチャクチャローカルですが 美味しいですよ
    勿論 三ノ宮の近くでは 姫路発祥の御座候が有ります
    ご報告でした!!

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      楽しくお読み下さっているとのこと、ありがとうございます。とても嬉しいです。
      「人工衛星」!ものすごくかっこいい名前ですね。
      中身がベーシックなのがまた何とも素敵だと思いました(*´▽`*)
      そうか、兵庫に行けば人工衛星と御座候を一気にいただけるのですね…
      他にも牛肉やパン、その他おいしいものがたくさんあるとお聞きしました。
      兵庫、いつか行きたいです!ご報告ありがとうございました!!

  14. アバター ひまわり さん

    山形大好き人間千葉県民です☆
    初めまして♪
    あじまん、の検索から立ち寄りました♪
    昨日あじまんだー!って言ったら両親にポカーンとされました(笑)

    • 伊藤海歩 伊藤海歩 さん

      初めまして。
      返信が大変遅くなってしまい、申し訳ございません。
      コメントをお寄せ下さりありがとうございます!
      あじまんをご存じとのこと、しかも喜んでくださったとのこと、
      とてもとても嬉しいです(*´▽`*)
      またあじまんがおいしい季節になってきましたね。
      あじまんを食べて身も心もあたたかくなって免疫力アップして
      ご無事にお元気にお過ごしになられますように!!

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

コッテコテな岩手ネタならおまかせください【読者プレゼント付き】

そのだ節

そのだつくしのこのページをごらんになってくださり、ありがとうございます。 普段も結構SNSでつぶやいたりしてますし、今の…

そのだつくし

路地裏酒場散歩

第3話「ワクワクドキドキが止まらない!?思わず誰かに「しゃべりたくなる」酒場!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 青森県・津軽地方で使われている方言「津軽弁」。 県外の方にと…

新橋

茂浦鉄道 【机上調査編 第25回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き Part.2

【机上調査編 第2回】より、前述の「日本の廃道」では未公開の、完全新規の執筆内容となります。   幻の大陸連絡…

平沼義之(ヨッキれん)

茂浦鉄道 【机上調査編 第1回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き Part.2

幻の大陸連絡港と運命を共にした、小さな未成線   所在地 青森県東津軽郡平内町 探索日 2010/6/6 &n…

平沼義之(ヨッキれん)

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第7回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

あなたにおすすめの記事