日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

東北地方は6県のはずなのに、なぜか関東地方では「東北は茨城県も入れて7県でしょ?」と言われることが。 山形県から見た茨城県&関東、茨城県から見た山形県&東北について、時には大きく脱線しながらノリツッコミ満載でお送りいたします。

ランドセル、買う?もらう?【連載第4回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/10238659/16566

3月下旬頃から、茨城では暖かいを通り越して暑い日が増えてきました。

そのため桜の開花も例年よりだいぶ早かったのですが、三分咲きになった頃にふとスーパーやコンビニへ立ち寄りましたら。

もう冷やし中華が始まっていました。

確か去年までは葉桜の頃だったような…。最近は冷やし中華以外にも、いろんなものがどんどん早く始まっているような気がします。

夏服のチラシも3月から見かけるようになりましたし、クリスマスケーキやおせちも10月に入るや否や予約受け付け開始ですし。

 

さて、4月といえば新年度。新人に新入生ですね。

小学校や通学路付近でピッカピカのランドセルを背負った小学一年生をよく見かけますが、

ランドセルを背負っているというよりもまるで背負われているようで、その様子がとても初々しくて可愛らしく、微笑ましいです。

 

そういえば、ランドセル商戦もどんどん早まって今はお盆がピークらしいですね。おじいちゃんおばあちゃんが、孫がお盆帰省してきた際に贈るケースが増えてきたとか。

 

…ということは、こういうことなのでしょうか。

この話を知った時は「えっ!?今、そんなに早いの?まだ夏じゃん!秋とか冬でいいじゃん!」と、驚き桃の木山椒の木ブリキに狸に洗濯機でしたが、

デザインのおしゃれさにはもっと驚かされました。アッと驚く為五郎でした。

これはもうランドセルというより、ブランドランドセルもしくはセレブランドセルだなあ…。

 

ところで。茨城県には、新・小学一年生にランドセルを無償で贈呈する市町村が10あります。

贈呈されるランドセルの種類は、自治体ごとに異なるようです。男女共に各一種類のみだったり、何種類かある中から選べたり。

 

ランドセルって結構高額なんですよね。1万円未満のものもあるようですが、ざっと見た限りでは2万円~5万円のものが多いようです。中には10万円近くするものまで。

 

私がランドセル無償提供の自治体の話を初めて聞いたのは、娘が幼稚園年長の春でした。なので、心の中でこんなバトルが勃発してしまいました。

天使もどきが圧倒的勝利を収めたのは、言うまでもありません。本当にいろいろ面倒ですものね。

 

それにしても。

ここまで来るともう、まるでパリコレ(パリ・コレクション)ですね。パリコレでは3月に秋冬物、10月に翌年の春夏物が発表されるそうですから。

 

パリコレで思い出したのですが。パリやロンドン、ニューヨークなど欧米の大都市では日本のランドセルを愛用している方も少なくないとか。

愛用している方々は女優やモデル、一般の方など様々なようです。ランドセルは海外でも広く愛されてきているのですね。

 

ということは、

そうなったらとても嬉しいし面白いなあ、とつい思ってしまうのでした。

 この記事を書いた「マイみちスト」
(いとうみほ)
山形県出身、茨城県在住の主婦兼漫画家兼ライターです。夫と娘(小学生)と共に、日々是適当・ときどきいっぱいいっぱいで暮らしております。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (2)
  1. アバター けろけろけろっぴ さん

    いつも楽しくアメブロのほうを拝見しております。イラストがサラサラ描けるなんて、素敵ですね。親戚が茨城にいますが、ランドセル無償の自治体ではないようで、その話は知りませんでした。何年か前のタイガーマスクも形無し。
    でも、女の子だと、自分で色々選びたいかもしれませんね。数年前から商戦は既に早くなっていて、GWの時期、もうすぐ開始ですよー。工房系に拘ったりしなければ、秋でも全く大丈夫でしたが。全面刺繍入りのブランドランドセルは、10万以上…軽いのが一番ですが。

    • アバター 伊藤 海歩 さん

      返信が遅くなって申し訳ありません。
      アメブロの方も楽しんで下さり、そしてこちらもお読み下さりありがとうございます!

      茨城も広いですものね。タイガーマスク、何だか懐かしいです。
      ランドセル商戦、既にGWからでしたか!本当にどんどん早くなっているのですね。

      仰るように、女の子だと好みが細やかなことが多いですから、早めに動く方が多いということでしょうか。
      …ですよね。軽いのが一番ですよね^^;

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
路地裏酒場散歩

第11話 「今宵はゆっくり、こそっと…バル飲みを。」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 今日は嬉しいことがあったから飲もう! 今日は悲しいことがあっ…

新橋

マトリョーシカの世界(1)

私が愛してやまない雑貨の世界

まずは、「マトリョーシカって何?」ってお話   「マトリョーシカって何?」。興味のない方には、全然関係のない世…

くつわたゆみえ

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(後編)

東北の忘れられないトンネルたち

  【前編のあらすじ】 岩手県北部、九戸村と軽米町が接する辺りに、存在をすっかり忘れ去られたようなトンネルがあ…

平沼義之(ヨッキれん)

盛岡のディープゾーン「桜山」に現れる マニアックな〝アレ〟とは?【前編】

あの人に会いたい【桜山編】

いまや盛岡の風物詩 マニア受けの「あるもの」  岩手県庁の目の前に建つ鳥居をくぐった先にある桜山界隈。間口が狭い飲食店が…

みやけまゆみ

Vol.2 カジュアルに通い詰めたい、つがる市立図書館

図書館へ行こう♪

こんにちは。図書館を追っかけるライター、かどやじゅんこです。 図書館へ行こう♪ 連載2回目は、青森県内では唯一、大型ショ…

かどやじゅんこ

あなたにおすすめの記事
東北のイベント