日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

東北地方は6県のはずなのに、なぜか関東地方では「東北は茨城県も入れて7県でしょ?」と言われることが。 山形県から見た茨城県&関東、茨城県から見た山形県&東北について、時には大きく脱線しながらノリツッコミ満載でお送りいたします。

それ、方言?標準語?【連載第3回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/10238659/16133

普段の話し言葉は、方言ですか?標準語ですか?

わが家の場合、私と夫が

こんな感じなので、家庭内での使用言語は標準語です。

夫はもちろんですが、私も茨城県民になって約20年ですので、標準語といってもかなり茨城弁寄りかとは思います。

 

私と夫が出会ったのは、茨城県内の大学ででした。

最初の頃はさほど親しくなかったため、しばらくの間はそれぞれの友人と過ごしておりました。

 

大学入学から数カ月経った頃のことです。

私は茨城県出身の友人とアパートで納豆パーティーを開き、夫は…確か普通に大学構内の敷地で、他県出身の友人と話してたんだっけかな?

全く違う日時と場所と状況だったにも関わらず、私と夫は全く同じ衝撃的体験をしました。

「うろかす」は「皿や鍋などに水を入れて汚れを落としやすくする」という意味の庄内弁、「青なじみ」は「青あざ」「青たん」を指す茨城弁です。

が、それぞれの友人は困った顔をしてこう言いました。

そこで初めて私と夫は気付き、

疑い、

そしてようやく理解しました。

「うろかす」も「青なじみ」も、己が生まれ育ったごく一部地域でしか通用しない方言であるということを。

 

この他にも、私は

・もっけだの(「ありがとう」と「すみません」を同時に言い表す庄内弁)

・やばち(不意に水滴が落ちてきたり濡れたりして不快な時に使う庄内弁)

が通じないことに驚きました。

一方、夫も

・でれすけ(だらしない人、おまぬけな人を指す茨城弁)

・いじやける(腹が立つ時に使う茨城弁)

が標準語ではなかったことにカルチャーショックを受けたのでした。多分、私たちの周りの人々もカルチャーショックを受けたと思いますが…。

 

さて。そんな私たちの間に生まれた娘は庄内弁と茨城弁、そして標準語を自由自在に使いこなすトライリンガルとしてすくすく育ったかといいますと。

今のところ、そういった気配はかけらも見受けられません。

庄内弁については、主に私の実家へ帰省した時ぐらいしか聞かないので仕方ないと思います。

茨城弁については、学校ではあまり使われていないとのことです。試しに上記の茨城弁について訊いてみたところ、「学校では聞いたことない」という返答でした。

 

私自身は小中学校時代にディープな方言を覚えたので、個人的にかなり意外でした。これも時代の流れというやつですかねえ…。

 

ところで。大学時代、秋田県出身でY奈ちゃん(仮名)という後輩がいました。

彼女には茨城県出身の彼氏がいたのですが、その影響でしょうか。彼女の話す言葉は、

と、秋田弁と標準語、茨城弁、そしてなぜか大阪弁?が混ざり合った言語でした。

ある意味、バイリンガルやトライリンガルを超えたマルチリンガルというか。大阪成分が一体どこから混入したかは謎です。

 

方言と標準語の違いを把握して話すことは大事だけど、一歩間違えると「混ぜるな危険!」状態になるんだなあ…と、ふと思ったのでした。

 この記事を書いた「マイみちスト」
(いとうみほ)
山形県出身、茨城県在住の主婦兼漫画家兼ライターです。夫と娘(小学生)と共に、日々是適当・ときどきいっぱいいっぱいで暮らしております。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (4)
  1. アバター まちゃ さん

    鹿行地域に住んでます。
    と言ってもほぼ千葉寄り。
    「青なじみ」は割とみんな使っていたんですけど、他の方言は高校までは知りませんでした。
    親が地元ではなかった&転勤してきた人が多く在籍する学校だったので地元言葉を使う人が少なかったのかもです。
    青なじみが方言と知ったのは大学に入ってからでした(^^;;

  2. アバター 伊藤 海歩 さん

    鹿行地域でも「青なじみ」が使われているのですね。
    何だか嬉しいです^^
    そういえば、私も高校でお互い方言が通じなくて驚いたことがありました。
    今まで知り合った茨城人は全員「青なじみが茨城弁だと初めて知った」と言っています^^;

  3. アバター 苦労鴉 さん

    上京した時に標準語で喋っているつもりでしたが、25年以上経った今になって「それでも訛っていた」という事実を当時からの友人に知らされました。

    なかなか「お故郷ことば」は抜けないのですね〜。
    ですが、小学生くらいの頃は普通に会話してたのに、、、いつからかお祖母ちゃんの言葉がイトコの通訳ナシでは会話できなくなっていました。
    お祖母ちゃんは山の奥の方。
    私は町の外れでしたが、それだけで言葉も変わるのですね。

    • アバター 伊藤 海歩 さん

      ありますあります!
      全体的なイントネーションもですが、単語一つ一つのアクセントも結構違ったりするんですよね。

      年に1~2回帰省するのですが、私もやはり祖母や近所のじっちゃんばっちゃんの言葉で「?」となってしまうことが…。

      あと、学区が隣というだけでも微妙に変わることがありますね^^;

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第4回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(前編)

東北の忘れられないトンネルたち

東北最古級のコンクリート道路トンネルを新発見! 今から10年前。こいつを見つけたときは夕暮れの山中にありったけの歓喜を叫…

平沼義之(ヨッキれん)

Vol.2 カジュアルに通い詰めたい、つがる市立図書館

図書館へ行こう♪

こんにちは。図書館を追っかけるライター、かどやじゅんこです。 図書館へ行こう♪ 連載2回目は、青森県内では唯一、大型ショ…

かどやじゅんこ

盛岡のディープゾーン「桜山」に現れる マニアックな〝アレ〟とは?【前編】

あの人に会いたい【桜山編】

いまや盛岡の風物詩 マニア受けの「あるもの」  岩手県庁の目の前に建つ鳥居をくぐった先にある桜山界隈。間口が狭い飲食店が…

みやけまゆみ

路地裏酒場散歩

第7話 「みんなの“まま”!鍛冶町の“ママ”!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 みなさんは「あっつ〜 ままさ…○○!」といえば何が思い浮かび…

新橋

あなたにおすすめの記事
東北のイベント